仕事の流れ

こちらでは捕⿃作業を行うスタッフと、おが屑担当スタッフの仕事の大まかな流れをご紹介します。

直営鶏舎や委託契約の鶏舎を日替わりで巡回して作業を行います。

1⽻ずつ捕まえてコンテナへ

1⽻ずつ捕まえて、コンテナの中に⼊れていきます。
ちょっとしたコツを覚えてしまえば簡単です♪
コンテナをローラーコンベアでトラックのそばまで運び出します。

1_R
次へ

出荷準備

孵化してから2ヶ⽉くらいで成長になります。元気に育った鶏たちを出荷します。

2_R
次へ

積み込み

ローラーコンベアで運んできたコンテナをトラックに積み込みます。

トラックに積み終わったら、いざ加⼯場へ︕

.jpg
次へ

鶏舎のおが屑回収

鶏たちの居なくなった鶏舎の床をキレイにします。

使い終わったおが屑を回収し、肥料の原料として使用します。

6_R
次へ

鶏の新しいベッド造り

キレイにした床に、新しいおが屑を敷き詰めます。

鶏に居心地の良い環境を作ります。

7_R
次へ

鶏舎にヒナを移動

キレイに整った鶏舎にヒナを移動します。

ここでみんな元気に育ってね!

DCIM100MEDIADJI_0045.JPG
次へ

翌日、次の鶏舎へ!

以上の作業を、日替わりで約30か所の鶏舎を巡回して作業します。